【ホームアローン1,2】90%が知らないであろう小ネタ・裏話20選解説

今回は映画「ホームアローン」「ホームアローン2」の小ネタや裏話を解説していきます。

クリスマスカラー

劇中ほとんどのシーンで、クリスマスカラーの赤と緑が使われているので是非皆さんも確かめてみて下さい。

バズの彼女

バズの恋人の写真を見て、ケビンは「これが彼女?ブスだな」と言いますが、本作のクリス・コロンバス監督は「女の子をからかうのは残酷だ」と考え、あれは女の子に見せかけたカツラを被った男の子の写真でした。ちなみにその男の子は、本作の美術監督をしたダン・ウェブスターの息子です。

カメラワーク

映画の冒頭でケビンに焦点を当てたショットの多くは、彼の頭上から撮影されており、彼を小さく無力に見せています。しかし映画の終盤では、ケビンはほとんど下から撮影され、背が高く、自信に満ちているように見せ、工夫されたカメラワークとなっていました。

ケビンの航空券

空港のゲート係員が家族の人数を数えている様子が映りますが、ケビンは屋根裏にいる為、空港におらず、そしてケビンのチケットはゴミ箱に捨てられてしまったシーンがあり、乗客の数と飛行機のチケットの数は一致している為、問題はありませんでした。

架空の映画

劇中ケビンが暴力映画を観るシーンがありますが、あれは『ホーム・アローン』の為だけに作られた『不潔な魂を持つ天使たち』(“Angels With Filthy Soul”)という架空の映画でした。これは同じようなタイトルのギャング映画 『汚れた顔の天使たち』(“Angels With Dirty Faces “)(1938)が元になっています。

素晴らしき哉、人生!

ケビンの家族がパリで『素晴らしき哉、人生』(1946)を鑑賞しているシーンがありますが、この映画は、主人公ジョージ・ベイリーが、「自分が生まれなければ良かった」と思い、その思いが現実になってしまうというストーリーですが、これは本作でケビンが「家族がいなくなればいい」と思い、それが現実となってしまうというストーリーの繋がりがありました。

騎手の像

本編中盤、左手を挙げた騎手の像がピザ屋の車に轢かれるシーンがありますが、これは本作と同じクリス・コロンバス監督作の『ベビーシッター・アドベンチャー』(1987)にも登場します。

ママ

ケビンを演じたマコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンは2014年現在でも母親役のキャサリン・オハラを劇中同様「ママ」と呼んでいるそうです。

プレイボーイ誌

ケビンが見ているプレイボーイ誌のページは、幼いマコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンがヌードを見ないようにそこのページだけテープで貼り合わされていました。ちなみに雑誌は1989年7月号のものです。

スタントマン

マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンのスタントマンを演じたのは当時30歳の超低身長の男性でした。

ドナルド・トランプ

ここから2作目のトリビアです!

ホテルのロビーで話す男性は、元アメリカ大統領ドナルド・トランプの若き頃です。出演工程としては、制作側が撮影場所としたいプラザホテルをトランプ氏が所有しており、本作に出演できるならという条件で、トランプ氏は撮影許可を出しました。

同じコート

2では、前作『ホーム・アローン』(1990)でケビンが着ていたものと同じコートをフラーが着ており、ケビンのお下がりとしてフラーが貰った事が分かります。

ケビンの帽子

劇中、セントラルパークでマーヴがケビンを捕まえたと思って掲げる男の子の帽子は、1作目でケビンが被っていた帽子と同じ柄です。

手の火傷

ハリーの手には1作目のドアノブトラップで負傷した火傷の跡がハッキリ残っている事が分かります。

隠されたロゴ

劇中ラスト、ロックフェラーセンターのツリーをケビンが眺めるシーンがありますが、後ろのビルの照明は、ツリーの星を挟んだ2つを除いてすべて消えています。これは本作の制作会社ヒューズ・エンターテインメントのロゴを意識したショットになります。

史上最高額

マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンはこの映画の主演料として450万ドルを受け取りましたが、これは撮影当時11歳の子役としては史上最高額のギャラでした。

おもちゃ

おもちゃ屋のシーンに登場する子どもたちは、お給料の一部として、お気に入りのおもちゃを持ち帰ることが許されていました。ちなみにマコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンが選んだのは、おもちゃ屋さんのモノではなく、本編冒頭から肩身離さず持っているトークボーイを持ち帰りました。

電話番号

本作はセントラルパークのプラザホテルで実際に撮影されましたが、劇中に出てくるプラザホテルの電話番号は、実際に使われていた番号です。

ロビーのカーペット

ケビンがホテルマンから逃れる為に床を滑るシーンがありますが、その撮影を可能にする為、プラザホテルのロビーから本来あったカーペットが取り除かれました。オーナーはそれを気に入り、撮影後もカーペットを戻すことはありませんでした。

請求書

本編終盤、ルームサービスの請求書を見ると、ケビンが頼んだものは、チョコレートケーキ2個、チョコレート、バニラ、ストロベリーアイスクリームにM&Ms、チョコレートスプリンクル、チェリー、ナッツ、マシュマロ、キャラメルシロップ、チョコレートシロップ、ストロベリーシロップ、ホイップクリーム、バナナがのったチョコレートムース6個、カスタードフラン6個、ペストリーカート、イチゴタルト8個、チョコレートがけイチゴ36個の967ドルとなっています。
小ネタ 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました