【ソー:ラブ&サンダー】気づいた?小ネタやカメオ出演11選【mcu/マーベル/アベンジャーズ/ssu】

今回は遂に公開となったMCUフェーズ4映画「ソー:ラブ&サンダー」の小ネタや裏話を紹介していきます。
前回の記事では、今作初登場の要素やポストクレジットシーンなどについて解説しているのでぜひそちらも読んでみてください。

オープニングロゴ

毎回、新たなキャラが追加されることでお馴染みのマーベル・スタジオのオープニングロゴ。今作では、現在ディズニープラスで配信中のドラマ「ミズ・マーベル」より主人公カマラ・カーンのシーンが追加されていました。

世界樹

ソーがガーディアンズメンバーらと別れるまでに彼が着ていたタンクトップには北欧神話に登場する世界樹ユグドラシルのイラストが確認できます。これはアスガルドやヨトゥンヘイムなどの9つの世界を支えている存在とされていますが、劇中終盤、ソーがシャドーモンスターと戦う直前に子供たちに力を与える際にも上から見た光の線でこの世界樹が演出されていました。

ワームホール

劇中序盤、ジェーンが病院で隣に座っている男性に対しワームホールの仕組みに関して本のページを折りペンを突き刺し説明していますが、ジェーンがこの時に例として挙げた「イベント・ホライゾン」「インターステラー」でも同じく紙とペンを使い同様の説明をしています。

ダリル

今作でわずかながらに登場したアスガルドのツアーガイドを務めていた一般男性のダリル。実は彼は「シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ」の時にソーを自身の自宅に居候させていた人物であり、「マイティ・ソー:バトルロイヤル」のブルーレイ映像特典では彼が新たな同居人を募集した際にグランドマスターが応募してきたことも判明しています。

そして、彼は自身のTwitterでインフィニティ・ウォーの”指パッチン”後も仕事で忙しいことをツイートしており、今作で久しぶりの登場となりました。

女神バースト

今作で数々の神たちが集った全能都市での集会。ジェーンの前の席には金と黒のスーツの衣装を着ている黒人がいます。
劇中で明言はされていませんでしたが、これはブラックパンサーの祖国ワカンダで崇拝されている女神バーストである可能性があります。
また、ドラマ「ムーンナイト」に登場したエジプト神話の神々を探してみたものの残念ながら見つけることはできませんでした。

ブリップ?

今作でコーグはゼウスの攻撃により体が徐々に崩れ顔だけになってしまいました。意図したものかどうかは不明ですが、このシーンはインフィニティ・ウォーの時にサノスのブリップ(指パッチン)によりヒーローたちの体が塵となっていったシーンを連想してしまいました。

セレスティアルズ

これは予告の段階でも確認できましたが、全能都市からソーたちが脱出する際に2体のセレスティアルズが確認できました。
セレスティアルズといえば、「エターナルズ」に登場し巨大生物恐怖症の僕にトラウマを植え付けたドデカ生物。セレスティアルズも集会に参加者としていたのか、それとも別の目的であそこにいたのかは今後の作品で伏線回収されるかもしれません。

神殿

ゴアが永久の門を開くために訪れたとある神殿。予告でも確認できましたが、ここにはファンサービスな小ネタなのかそれとも伏線なのかグレーなキャラの銅像が確認できます。
まず1人目は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」で僅かながらに登場、アニメ「ホワット・イフ…?」で大活躍したウォッチャー。
その手前には原作に登場するリビング・トリビューナルが確認できます。リビング・トリビューナルは神秘的な力の不均衡から多元宇宙を守る巨大で強力な人型の宇宙的存在です。

リビング・トリビューナルは前作「ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス」にも少し登場しています。
そして、リビング・トリビューナルの対面には原作でサノスの愛人であるデスが確認できます。

クリス・ヘムズワースの子供たち

劇中冒頭、コーグの語りの中で少年時代のソーが一瞬だけ画面に映ります。この少年ソーを演じたのがソー役クリス・ヘムズワースの実の息子であると予告公開時から噂されており、海外メディアのインタビューでこれを尋ねられたクリス・ヘムズワースは首を縦に振っています。

また、今作初登場となったゴアの娘。劇中終盤ゴアはエターニティの力により娘を蘇らせ、彼女はソーの手によって育てられることになりました。劇中で、ソーとラブは血の繋がっていない親子関係でしたが、ラブを演じたのはソー役クリス・ヘムズワースの実の娘インディア。ラストシーンのラブの自然な演技も納得がいきます。

子供たち

クリス・ヘムズワースの子供以外にも今作にはアスガルドの民として数々の子供たちが登場。この中にはゴア役クリスチャン・ベール、ジェーン役ナタリー・ポートマン、監督兼コーグ役タイカ・ワイティティの実の子供たちも出演しています。

削除シーン

今作は当初4時間あったことがタイカ・ワイティティの口から明らかになっており、その中にはグランドマスターやエイトリのシーンもあったとのこと。

また、今作には女優レナ・ヘディが出演しているはずですが、実際の本編でその姿は確認できず、彼女が何の役を演じたのかは不明なままです。

最後に・・・

今作初登場のエターニティやラストシーン、未ッドクレジットシーンに関してはYoutubeでも解説していますのでぜひ見てみてください。

MCU/SUMC 小ネタ 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました