【ジュラシックワールド新たなる支配者】初登場恐竜6種解説【ジュラシックパーク】

今回はシリーズ最新作「ジュラシックワールド:新たなる支配者」の予告や特報映像での初登場恐竜6種を紹介していきます。
この記事で紹介する恐竜の中にはすでにゲームで登場したものも含まれますが、あくまで実写映像作品では初なのでそこはご理解ください。
また、最新作の情報を何も入れたくないという方はご注意ください
※31日間無料トライアルで視聴可能

ギガノトサウルス

獣脚類に属し最大の肉食恐竜の1つであり、ティラノサウルスやスピノサウルスと大きさが匹敵していたと言われています。
ギガノトサウルスが群れで狩りをしていた証拠はありませんが、最近の発見では近縁種のマプサウルスが連合もしくは家族集団を形成していたかもしれないことがわかっています。
また、ギガノトサウルスのDNAはインドミナスレックスやインドラプトルに組み込まれています。
最新作「新たなる支配者」の特報映像ではギガノトサウルスとティラノサウルスが直接対決しています。

ピロラプトル

肉食獣脚類ドロマエオサウルス科の恐竜であり、森林火災の後に発見されました。6.5cmほどの湾曲した大きな鉤爪を持ち、武器や木登りのために使用。他の近縁種同様に羽毛に覆われていたと考えられています。
予告では、吹雪の中、オーウェンらと対峙しています。

ケツァルコアトルス

翼竜のアズダルコ科に属しており、異常に長く硬直した首を持ちます。2021年に名づけられるまでは長い間無名種として知られていました。
予告では、オーウェンやクレアが乗っている飛行機を襲っています。

テリジノサウルス

この恐竜は初期の発見が非常に不完全だったため、発見当初は、水棲ガメの一種とされていました。この恐竜の食性については未確認ですが、現在では、近縁種のエルリコサウルス、セグノサウルスなどの研究からこの恐竜が草食であったと考えられています。また、顎が弱くおそらく座って長い腕と爪で植物を口にくわえて食べていたのでは?とされています。
予告では、クレアにテリジノサウルスが迫っています。

ナーストケラトプス

この恐竜は、短く太い鼻と目の上にある大きな角が特徴。角は横に伸びてから外に出る、牛の角のような形。
この恐竜は最新作の予告にも登場していますが、「ジュラシックワールド:炎の王国」の後日談にあたる短編作品「Battle at Big Rock 」にも登場しています。

アトロキラプトル

ドロマエオサウルス科獣脚類に属するこの恐竜はやや短くて高い頭蓋骨と、大きな鋸歯が特徴的。そのため、この恐竜は他のドロマエオサウルス科よりも強い咬合力を持っていた可能性があります。
予告ではバイクに乗っているオーウェンを追いかけています。

最後に・・・

過去5作に登場した全恐竜29種も紹介しているので、そちらもぜひご覧ください。

SF/ファンタジー 新着 最新情報/噂
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました