【ジュラシックパーク】歴代5作品のあらすじ,登場人物,重要ポイント完全解説【ジュラシックワールド:新たなる支配者】

今回は大人から子供まで楽しめる恐竜SF映画ジュラシック・パークシリーズ過去5作品の概要とあらすじ,登場人物,重要ポイントを復習していきます。

概要

スティーヴン・スピルバーグ監督の名作「ジュラシック・パーク」シリーズは現代に恐竜が蘇ったことで繰り広げられるパニックアクション映画シリーズです。2022年7月29日に最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」が公開予定です。
さて、今シリーズは現段階で合計5作公開されており、公開順はこちらです。
1.ジュラシック・パーク
2.ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
3.ジュラシック・パークⅢ
4.ジュラシック・ワールド
5.ジュラシック・ワールド/炎の王国
見る順番は公開順で問題なく全作U-NEXTで視聴できます。

また、この他にスピンオフ作品として「ジュラシック・ワールド サバイバル・キャンプ」がNETFLIXで配信されています。シーズン1は4作目「ジュラシックワールド」のバックグラウンドをシーズン2は5作目「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の前を描いています。
それでは、歴代5作のあらすじや登場人物を見ていきましょう。

ジュラシック・パーク

あらすじ

今作の主人公である古生物学者のアラン・グラントとその恋人で研究助手のエリー・サトラーの元に、ある日インジェン社とハモンド財団創始者であるジョン・ハモンドが訪れ、自らが建設した”とある施設”に対して各分野の専門家の意見が聞きたいと言い2人をヌブラル島に招待。
島には、アランとエリーの他にツアーの参加者がいました。そんなハモンドが作った”とある施設”は、通称「ジュラシック・パーク」。ジュラシック・パークは、数億年前の蚊の体内の恐竜の血に含まれるDNAを採取し、そこから多数の恐竜のクローンを誕生させたテーマパークでした。
一同は早速、パーク内のツアーを体験することになりますが、その時ちょうど暴風雨が島に直撃することになり・・・・。
登場人物
アラン・グラント

モンタナ州スネークウォーター郊外の発掘現場で働く世界的に有名な古生物学者で子供嫌いという特徴があります。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定です。
エリー・サトラー

アラン・グラントの恋人かつ研究助手である彼女は古生物学の博士号を持っています。彼女は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定です。
イアン・マルコム

「カオス理論」として知られる数学の一分野を専門とする数学者で自信過剰で皮肉屋な性格の持ち主です。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定です。
ジョン・ハモンド

バイオエンジニアリング分野の大手会社インジェン社とハモンド財団創始者であり「ジュラシックパーク」を作り上げた張本人です。
レックスとティム

ジョン・ハモンドの孫であり両親はすでに離婚。祖父の招待により今回のツアーに参加しました。ちなみに小説ではレックスが妹でティムが兄です。
ヘンリー・ウー

彼はオハイオ州出身の中国系アメリカ人で、オクラホマ州立大学で博士号を取得。インジェン社の恐竜再現プロジェクトの最高責任者です。
ルイス・ドジスン

バイオシン社の研究責任者であり、冷酷でユーモアのない人物。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定ですが俳優が変わりキャンベル・スコットが彼を演じています。
重要ポイント
パーク内の恐竜たちの個体数を管理するため、恐竜たちは全て雌として遺伝子操作で作られましたが、性転換をするカエルのDNAを混ぜていたため恐竜たちは繁殖可能となりました。

ロストワールド/ジュラシックパーク

あらすじ

今作の主人公は、前作にも登場した数学者イアン・マルコム。前作の悲劇から4年、イアンはハモンド会長に急遽呼び出され「ジュラシック・パーク」があるヌブラル島はただの観光用であり、ヌブラル沖のソルナ島にあるサイトBが問題だとイアンに言います。サイトBは恐竜を孵化させて育てていた、いわゆる飼育地だったのです。
ハモンド会長は、今もなお繁殖し続けている恐竜たちの生態調査をイアンに頼みます。イアンは前回の悲劇があるため断ったものの、イアンの恋人であり古生物学者のサラ・ハーディングがすでに島に向かったことを知り、島に向かうことを決断。しかし、前作を超える悲劇が一行を待っていたのでした。
登場人物
サラ・ハーディング
イアンの恋人である彼女は恐竜を含む動物行動学を専門とする若い科学者です。
ローランド・テンボ
ケニアのモンバサ出身で、最高のハンターとして広く知られている。彼は恐竜捕獲調査のチームリーダーです。

ジュラシックパークⅢ

あらすじ

今作の主人公は1作目に登場した古生物学者のアラン・グラント。研究資金が底をつきそうになっているアランの元にある日、カービー社のカービー夫妻が訪ねてきます。彼らは結婚記念日に立入禁止となっている”サイトB(ソルナ島)”を上空からガイドしてほしいとアランに頼みます。アランはもちろんこれを断ろうとしますが、多額の研究資金を援助すると言われ、助手のビリーと共にこのガイドを引き受けることに・・・。
後日、ソルナ島の上空にやってきた一同ですが、カービー夫妻は島への上陸を試みます。実はカービー夫妻の真の目的は、8週間前にこの島で行方不明となった息子エリックを探すことでした・・・。
重要ポイント
1作目でアランの助手であり恋人でもあったエリーは、今作では別の男性と結婚しており子供も2人います。

ジュラシックワールド

あらすじ
1作目から22年後、当時”サイトA”と呼称されていたヌブラル島は、連日2万人が訪れる恐竜のテーマパーク「シュラシック・ワールド」として成功を収めていました。
ザックとグレイは両親の都合により、「シュラシック・ワールド」の管理責任者である叔母クレアに預けられることに・・・。しかし、クレアは遺伝子操作で作り上げた新種の恐竜インドミナス・レックスの対応に追われていました。しかし、複数の種類のDNAを持つインドミナス・レックスが人間の目を欺き高い防壁に囲われていた檻を脱走する事態が発生・・・。
登場人物
オーウェン・グレイディ

海軍にいた経験があり、現在はヴェロキラプトルの調教師としてジュラシック・ワールドに雇われている動物行動学者。次に説明するクレアとは恋人関係でしたが、性格がぶつかったことで別れることになりました。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定。
クレア・ディアリング

大学1年が終わった後、クレアは6つのインターンシップに応募し唯一クレアが直接興味を持ったのが、近日オープン予定のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」で大学生がインターンをするプログラム「ブライト・マインズ・インターンシップ」でした。そして、現在は「ジュラシック・ワールド」のパークオペレーションマネージャーを務めています。彼女は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定。
バリー・センベーヌ

「ジュラシック・ワールド」でヴェロキラプトルのトレーナーでありオーウェンと一緒に働く前から彼の友人です。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定。
ロウリー・クルーザーズ

ジュラシック・ワールドの従業員でコントロールルームで働いています。子供の頃から恐竜が好きでオタク気質な部分があります。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/Dominion」にも登場予定。
重要ポイント
今回の「ジュラシック・ワールド」を開業したのはサイモン・マスラニがCEOを務めるマスラニ・グローバルという会社です。過去作「ジュラシック・パーク」では、インジェン社がその実験を握っていましたが、今作ではマスラニ・グローバルがインジェン社の親会社となっています。

ジュラシックワールド/炎の王国

あらすじ

前作の悲劇から3年、”ジュラシック・ワールド”があったヌブラル島は火山活動が活発になり島の恐竜を見殺しにするか保護すべきか議論が紛糾。1作目、2作目で登場した数学者のイアン・マルコムは「人間が歪めた自然界の流れを正す時」であると意見し政府は恐竜の保護を行わないことを決定します。
そんな時、”恐竜保護団体”を設立していたクレアはロックウッド財団から呼び出されることに・・。ロックウッド財団の設立者はベンジャミン・ロックウッドという人物で、ジュラシック・パークを創設したジョン・ハモンドの旧友でもあります。しかし、出迎えてくれたのはイーライ・ミルズという男。ミルズはロックウッドに仕えており、財団を実質運営している人物。ミルズはヌブラル島の恐竜たちを別の島に移すべく、まずは恐竜たちをヌブラル島から救い出してきてほしいとクレアに頼みます。しかし、その裏には恐ろしい計画があり・・・。
登場人物
フランクリン・ウェブ

彼はクレアが立ち上げた恐竜保護団体”DPG”のシステムアナリストで臆病な性格です。彼は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定。
ジア・ロドリゲス

彼女はかつて海兵隊に所属した後、ジュラシックワールドのインターンシップに参加した経験があります。しかし、現在はフランクリンと同じく恐竜保護団体”DPG”のメンバーで恐竜生物学の専門家です。彼女は最新作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」にも登場予定。
また、今作に関する劇中の小ネタを解説している動画をアップしていますのでぜひこちらも見てみてください。

最後に・・・

まだジュラシック・パークシリーズを見たことがないという方は、最新作が公開されるまでにぜひ全作品の本編の方もチェックしてみてください。
SF/ファンタジー 復習 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました