【ストレンジャーシングス】概要と全シーズンに登場した歴代クリーチャー3体【NETFLIX】

今回は前半はNETFLIXドラマ「ストレンジャーシングス」の概要、後半はそれに登場するクリーチャーたちを解説していきます。後半はネタバレありなのでご注意ください。

概要

NETFLIXドラマ「ストレンジャーシングス」は現在、シーズン1〜3、そしてシーズン4のvol.1が配信済み。
1980年代のとある街を舞台にオタク少年4人をメインに繰り広げられるSF青春群像劇です。今作は1980年代ということもあり、インターネットやスマホもない時代なので少年たちが現地に実際に足を運んで1つずつ謎を解き明かしていくのが見ててワクワクします。
また、全員が同じ出来事に遭遇するわけではなく、あるグループはAという事象、別のグループはBという事象、さらに別のグループはCという事象に遭遇して各グループがその事象を追究していくうちに最終的に1つの事象に全て繋がるという爽快感と安心感があります。
そして、少年らがオタクということもありエピソードの随所にSF映画の小ネタがあるので、SF好きにはたまらない作品です。
さて、ここからはシーズン1〜シーズン4vol.1に登場した主なクリーチャーを紹介していきます。

デモゴルゴン

ホーキンス国立研究所にて超能力少女イレブンが実験中に遭遇
それを知ったマーティン・ブレンナー博士はこの生物に興味を持ち、再度イレブンにコンタクトを取るように指示。しかし、これが原因でゲートが開きこの生物がこちら側の世界に来ることになりました。
その後、この生物はウィルを含むホーキンスの住民を次々と誘拐。マイクらは会話型ロールプレイングゲーム「ダンジョンズ&ドラゴンズ」からこの生物を”デモゴルゴン”と呼称。
デモゴルゴンは顔がなく口だけの人型クリーチャーであり、花びらのような口が特徴的。超人的な身体能力や弾丸や打撃に耐えれる耐久性を有しており、あらゆる場所に一時的にゲートを作りホーキンスに侵入することもできます。また、血に強く惹かれるという特徴もあり、流した血が少量でも危険。しかし、火に弱いという弱点が同時にあります。

デモドッグ(ダルタニアン/ダート)

ダスティンが自身の家のゴミ箱で発見したこの生物は小説「三銃士」から”ダルタニアン”と名付ける。当初、ダスティンは他のメンバーにこのことを隠しながらダルタニアンの世話をしていましたが、ダルタニアンが脱走し、猫を食べているのを見て危険だと感じたダスティン。デモドッグはデモゴルゴンの成長過程であることが後々判明します。
最初の幼生はナメクジとほぼ同じ大きさで色彩とデモゴルゴンの犠牲者の体に住み着いているのが特徴的。
第二段階では、手のひらに乗るほどに成長し、尻尾や前脚がはっきりとわかるようになります。
第三段階では、皮膚が緑色になり体格も大きくなります。また、後脚も生え四足歩行が可能になります。
第四段階では、デモゴルゴンの特徴とも言える花びら型の口が形成され、皮膚の色もデモゴルゴンに近づきます。
第五段階では、大型犬サイズまで成長し、ダスティンはこの段階をデモドッグと呼称。
当初は直射日光を避けるぐらい熱に対し弱かったですが、この段階ではある程度の耐性はあるようです。
そして、第六段階でデモゴルゴンになります。

マインドフレイヤー(シャドーモンスター)

裏側の世界を牛耳る支配者であり、デモゴルゴンに命令を下す存在であり、知覚と意識を有しています。
この生物は当初、ウィルの体に憑依していましたが、ウィルが冷たいものを好んでいることから、他のメンバーは逆に熱が弱点だと気づきます。メンバーはこの段階で「ダンジョンズ&ドラゴンズ」からこの生物を”マインド・フレイヤー”と呼称。
最終的にマックスの兄ビリーの体を乗っ取り、彼を通じてあらゆる住民を操作。大量のネズミや数多くの住民を最終的に肉塊にし、それらを溶かし合体させることでこちら側での体を手に入れることになりました。
マインド・フレイヤーの特徴は、裏側の世界からクリーチャーらを制御・指揮できること。また、乗っ取った人間を操り自身に都合のいいように行動させたり、宿主に人間離れした力を与えることも可能。

ヴェクナ

裏側の世界からこちら側の世界の人間の意識に結合し、その人物が抱えるトラウマを幻覚化し精神的に追い詰める存在。
ヴェクナの幻覚に囚われた人物はトランス状態に陥り、いくら声をかけたり体を揺すぶってもその人物はトランス状態から抜け出すことはできませんが、その人物と密接に関係している音楽を聴かせることでその人物はトランス状態から抜け出すことができます。
しかし、トランス状態を抜け出せなかった場合、ヴェクナは対象の人物の骨をありえない方向に捻じ曲げ、目玉をくり抜くことで死に至らしめます。
シーズン4vol.1最終話では、ヴェクナの正体がイレブンと同じホーキンス国立研究所出身のワンであることが判明。ワンは幼少期に周りとは馴染めず引っ越した先でクロゴケグモとの出会いを果たします。それをきっかけにワンは弱者を捕食することで生態系に調和をもたらす目的意識を持ちます。その後、彼は自身でも予想外の能力に目覚め、それで他者の意識に潜入することができるようになり最終的に自身の家族を傷つけ、研究所の職員や他の能力者を殺害。しかし、イレブンの能力により彼は裏側の世界に迷い込みヴェクナとなりました。

最後に・・・

「ストレンジャーシングス」シーズン4 vol.2は7月1日配信です!

SF/ファンタジー 復習 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました