【ドクターストレンジ】過去5作の全能力・武器25種を完全解説【mcu/マーベル/アベンジャーズ/マルチバースオブマッドネス】

今回はMCU作品に登場するドクターストレンジのこれまでの全魔術と全武器を解説していきます。
この記事は「ドクターストレンジ」「マイティ・ソー/バトルロイヤル」「アベンジャーズ:インフィニティウォー」「アベンジャーズ:エンドゲーム」「スパイダーマン:ノーウェイホーム」のネタバレを含みますのでご注意ください。

概要

本名スティーヴン・ストレンジである彼は元々天才的な神経外科医。しかし、ある日交通事故で重傷を負い、両手の神経を損傷。あらゆる手段を試みるも完全回復までには至らず、最終的に辿り着いた場所は様々な魔術師が訓練を積むカマータージ。
そこでストレンジはエンシェント・ワンと出会い、彼自身も魔術の訓練を受け、異次元の脅威から地球を守るヒーローとなります。

アストラル投射

アストラル体はいわば肉体を離れた魂の状態のことを指します
アストラル体になることで肉体が寝ている間でも他のことに時間を費やすことが可能。また、対象を強制的にアストラル体にして、体の自由を奪うこともできます。
「ドクター・ストレンジ」では、寝ている間にアストラル体となって魔術を学んだり敵のアストラル体と戦いを繰り広げたり、「スパイダーマン:ノーウェイホーム」ではスパイダーマンに対しアストラル投射を使用していました。

ポータル生成

スリング・リングという特殊なアイテムを使い、対象の目的地を思い浮かべればそこへのポータルを生成し一瞬で移動することができます。尚、ポータルが開いている時に体を通過させようとして途中でポータルを閉じれば体を切断することもできます。
「アベンジャーズ:エンドゲーム」の最終決戦ではこれを使ったことで惑星タイタンから地球に駆けつけました。

ミラー・ディメンション

外からは感知されず現実世界に影響を及ぼさない場所であるため修行や監視に適しています。また、ここに対象を閉じ込めることも可能であり、出入りするためにはスリング・リングが必須です。
「ドクター・ストレンジ」ではカエシリウスとのバトル、「スパイダーマン:ノーウェイホーム」ではスパイダーマンとの戦いで使用していました。

エルドリッチウィップ

多元宇宙の異次元から引き出されるエネルギーを利用するエルドリッチマジックを駆使することで特殊な鞭を生成し、対象を拘束することが可能。
「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ではサノスに対し、「スパイダーマン:ノーウェイホーム」ではスパイダーマンに対し使用しました。

ラガドールのルビーリング(タオ・マンダラ)

エルドリッチウィップと同じくエルドリッチマジックにより生成される盾のようなもの。
「ドクターストレンジ」ではカエシリウスやドルマムゥとの戦いで使用。

ボムガリアスの火鉢

原作では呪文の威力と持続時間を増幅させるために使用されますが、「ドクターストレンジ」で使い方を知らないストレンジはこれをカエシリウスに投げつけていました。

サイトラックのクリムゾン・バンド

強力な魔力が閉じ込められている”レリック”の1つであり、バビロンの鍛冶屋が紀元前900年代に鍛造。対象を拘束することができます。ニューヨークのサンクタムに保管されていましたが、「ドクターストレンジ」でストレンジが咄嗟にカエシリウスに投げつけ使用していました。
また、これとは別に「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」でサノスのガントレットを外そうとしていた呪文もサイトラックのクリムゾン・バンドと呼ばれるものです。

浮遊マント

強力な魔力が閉じ込められている”レリック”の1つである浮遊マントに選ばれたストレンジは浮遊や飛行することが可能です。また、このマントで対象を拘束することもできます。このマントは自我を持っており、ストレンジの指示なく能動的に行動します。

時間操作

初代ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)がタイムストーンを封じ込めるために作ったアガモットの目。このタイムストーン入りのアガモットの目を使用することでストレンジは時を戻したり、加速させたりすることができます。
「ドクターストレンジ」のドルマムゥとの戦いでは何度も時間をリセットしタイムループさせていました。
また、「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ではタイムストーンを利用し、サノスに勝つ術を探し出すために1400万605通りの未来を短時間で経験。ストレンジはこの際、1400万604回の臨死をしています。

変換

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」では、ソーが飲んでいた紅茶を大ジョッキのビールに変え、ソーがほぼ飲み干していたジョッキの中のビールを増やしてもいました。

テレポーテーション

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」ではソーを一瞬にしてソファーに座らせたり、本棚の前に移動させたりしていました。

探索呪文

対象の居場所を感知する魔術であり、発動条件は探索者の髪の毛の混入。「マイティ・ソー/バトルロイヤル」ではオーディンを探すためソーの髪の毛を混ぜて発動していました。

ワトゥームの風

強力で神秘的な気流を呼び起こす魔術。
「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ではQ-シップ襲来による土埃を跳ね除け、「アベンジャーズ:エンドゲーム」の最終決戦では、戦場に押し寄せる大量の水を食い止める際に使用していました。

保護呪文

タイムストーンを守るためにアガモットの目にかけられた呪文。単純な呪文ですがこれを無視してアガモットの目に触れると火傷を負います。

セラフィムの盾

物理的な脅威に対する防護壁を生成するこの魔術は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」で惑星タイタンに不時着する際に使用。

ヴィシャンティの聖剣

膨大な神秘的能力を持つ強力な神秘的存在の三人組でソーサラー・スプリームの後援者ヴィシャンティの力を使って剣を生成できるこの魔術は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の惑星タイタンでの戦いで使用。

プラットフォーム

対象の場所に足場を作るこの魔術は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の惑星タイタンでの戦いでスターロードに対して使用。

シンニバスの7つの太陽

原作では闇を駆逐する輝きを出す魔術ですが、「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」では溶岩を纏った蛇のような攻撃が繰り出されていました。

ホゴスの加護

他の呪文を逆転させたりできるこの魔術は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ではサノスの攻撃に対し使用し、無数の蝶に変えていました。

イゴンの形像

同時に無数の幻影を作り出すことできるこの魔術は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」でサノスとの戦いで使用。

出現呪文

何もないところに特定のものを出現させるこの呪文は「マイティ・ソー/バトルロイヤル」でソーの前に傘立てを出現させたり、「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」でサノスにタイムストーンを渡す際に使用。

イクタロンの氷の触手

原作では極寒の気温、氷のような風、雪を呼び出す魔術ですが、「アベンジャーズ:エンドゲーム」の最終決戦では紫の触手で相手を拘束し地面に埋め込んでいました。

カフカルの魔法陣

人の記憶を消すことができますが、失敗するととんでもない事態を引き起こしてしまいます。
「スパイダーマン:ノーウェイホーム」序盤で、スパイダーマンの正体を知るすべての人の記憶を消す際に使用し失敗、ラストでは苦渋の決断でピーター・パーカーの存在を全ての人が忘れるように使用。

マキナ・デ・カダヴス

呪文を封じ込めスイッチを押すだけで解き放つことができる古代の遺物です。
「スパイダーマン:ノーウェイホーム」の最終決戦にてグリーン・ゴブリンにより破壊されました。

テレキネシス

テレキネシスと言うほど大袈裟な能力ではないかもしれませんが、ストレンジはレリックを思い通りに移動させることができると思われます。
「スパイダーマン:ノーウェイホーム」では手を触れずにネッドからスリング・リングを奪い、MJからはマキナ・デ・カダヴスを奪っていました。

最後に・・・

Youtubeでは他にもマーベル関連動画をアップしていますのでぜひ見てみてください!

MCU/SUMC 復習 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました