【スパイダーバース2】スパイダーマン2099って何者?タイトルと映像解禁【ssu/mcu/マーベル/アベンジャーズ】

今回は遂に公開となった「スパイダーバース」シリーズ最新作「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」について触れていきます。
前作「スパイダーマン:スパイダーバース」でコミック調の演出や複数のスパイダーマンの共闘、スタイリッシュな映像や音楽で多くのファンを魅了した今シリーズ。

今作の監督を務めるケンプ・パワーズは自身のTwitterで「クールなものを見たい?」と前日にツイート。そして、本日シリーズ2作目のタイトルとファーストルック映像が公開となりました。

タイトル

タイトルは「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース パート1」。前作は複数の世界線から1つの世界線に集合という形でしたが、今作のタイトルやファーストルック映像を見てみるとスパイダーマンたちは自由に世界線を移動できるようになっているようです。ですので、今作は1つの世界線に縛られることなく複数の世界線を複数のスパイダーマンたちが自由に横断し、前作を遥かに超えるマルチバースバトルが繰り広げられることが予想されます。
そして、気になるのが「パート1」という表記。もちろんこれは今作で物語が完結せず更なる続編が待ち構えていることを示唆していると思いますが、登場するスパイダーマンの数がおそらく前作よりも格段に増えるため1作で物語を収拾しようとするとあまり深掘りされないスパイダーマンもいるはず。各スパイダーマンのバックグラウンドや掛け合いを丁寧に描くためにパートが分かれていると考えると賢明な判断でありファンにとっては喜ばしいことです。

ファーストルック映像

ファーストルック映像では自身の部屋でくつろいでいるマイルズの元に前作で共闘したグウェンが突如現れるところから始まりますが、これは前作のラストのシーンと一致しています。そして、グウェンに外出を促されたマイルズは別の世界線に飛んだところで前作のエンドクレジットシーンに登場したスパイダーマン2099に襲撃されるという内容です。

スパイダーマン2099

アース928の2099年のヌエバ・ヨークにいるスパイダーマン2099ことミゲル・オハラは原作では遺伝学の天才で遺伝子操作により蜘蛛の遺伝子と接合されました。これにより彼は通常の人間を上回るパワーや身体能力などを得ました
そして、他のスパイダーマンと異なるのが手足の指先から鉤爪のようなものが生えていること。他のスパイダーマンは吸着能力により壁に張り付くことが可能ですが、彼はこの鉤爪を使い壁を登ったりします。そして、牙が生えており噛み付くことで相手を麻痺させる毒をそこから注入できます。また、アメスパやMCU版スパイダーマンはウェブシューターから糸を発射していますが、彼はサム・ライミ版と同じように体内で糸を生成。しかし、サム・ライミ版とは異なり彼は手の甲から糸を発射します。
前作のエンドクレジットシーンではスパイダーマン2099が狙った次元に跳ぶ第一号試作品を試すためアース67に飛ぶという内容でした。
今回のファーストルック映像ではスパイダーマン2099が腕につけているガジェットを「928」に設定し、マイルズともみ合いながら2099年に飛んでいたので前作の試作品が完成し、スパイダーマン2099が様々な世界線を自由に横断することが予想されます。
今作のアメリカ公開日は2022年10月です。

最後に・・・

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のラストシーン等の考察解説の動画もぜひご覧ください。

MCU/SUMC 新着 最新情報/噂
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数5万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました