【スパイダーマン:ノーウェイホーム】ドクターオクトパスはナノテクを吸収したのではなく◯◯説【mcu/アベンジャーズ/マーベル】

アメリカ時間の11月16日17時半のファンイベントで遂に今作の第二弾予告が公開!
今回はMCUフェーズ4映画「スパイダーマン:ノーウェイホーム」の第二弾予告に映ったドクター・オクトパスのナノテクアームについて触れていきます。

ドクター・オクトパス

ドクター・オクトパスはサム・ライミ版2作目に登場したヴィランですが、当初は核融合の実現を目指す科学者でした。

その実験のために開発したのが高熱、強磁気に耐えられる人工アーム。このアームは知能を持っており、神経を通じ脳を制御することができます。アームに自身が乗っ取られないようにするための対策として首の後ろに制御チップがあります。

トムホ版ピーターとの戦い

スパイダーマンノーウェイホーム引用:「スパイダーマン:ノーウェイホーム」第二弾予告

「スパイダーマン:ノーウェイホーム」第二弾予告ではトムホ版ピーターとドクター・オクトパスの高速道路上での激しい戦いが描かれていました。その中にはドクター・オクトパスのアームがアイアンスパイダースーツのナノテクを吸収したような描写があり、ファンを驚かせました。

しかし、このシーンの不可解な点が2つあります。

もし、ドクター・オクトパスが意図的にスパイダーマンのナノテクを吸収したのであれば、なぜ彼はアームがナノテクに覆われる瞬間、わざわざアームを目で追ったのか。
個人的にはこのシーンがドクター・オクトパスにとっては不意をつかれた出来事だったのではないかと考えています。

スパイダーマンノーウェイホーム引用:「スパイダーマン:ノーウェイホーム」第二弾予告

また、その後のシーンではドクター・オクトパスがナノテクを纏ったままピーターたちに軟禁されているような描写がありました。もし、ドクター・オクトパスが意図的にナノテクを吸収したのであればナノテク不足のスパイダーマンに敗北するでしょうか。また、この軟禁シーンではドクター・オクトパスのアームがおとなしく閉じているのが確認できます。

これらのことから、ドクター・オクトパスがナノテクを吸収したのではなくピーターが機転を利かせ自身のナノテクを彼に意図的に移したのでは?という考えに至りました。

そして、動きを封じその際に制御チップを複製したとすればドクター・オクトパスが理性を取り戻したのも納得がいきます。

個人的にドクター・オクトパスがナノテクを吸収できるという点が後付け設定すぎるという違和感から今回このような考察に至りました。

最後に・・・

Youtubeでは他の気になった部分に関して考察しているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

MCU/SUMC 新着 考察
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました