【エターナルズ】ラストシーン考察/デインの正体とは?あのキャラは一体・・【マーベル/mcu/アベンジャーズ】

今回はMCUフェーズ4映画「エターナルズ」のラストシーンを初見考察していきます。
この記事は本編のネタバレを含むためご注意ください!

マーベルスタジオロゴ

今作はMCUフェーズ4の映画3作目。1作目の「ブラック・ウィドウ」の次に公開された「シャンチー:テン・リングス」の伝説のオープニングではフェーズ3までのシーンに加え「ブラック・ウィドウ」のシーンも追加されていました。
そして、今作のオープニングでは新たに「シャンチー:テン・リングス」も追加されており鳥肌が止まりませんでした。

DCネタ

セルシとイカリスがファストスの家を訪れた際、彼の子供はイカリスのことをスーパーマンと比喩していました。これまでマーベル映画ではサム・ライミ版「スパイダーマン」でスーパーマンやシャザム!などのDCネタはありましたが、MCU作品でDCネタが飛び出すのはおそらく初なのではないでしょうか。
また、これとは別にファストスの家にはスターウォーズのコミック(or雑誌)が置いてあり、イカリスはそれを手にとっていました。マーベルとルーカス・フィルムは共にディズニー傘下の会社であるためこれは何の驚きもありませんが、「スパイダーマン:ホームカミング」以来のスターウォーズネタとなりました。

エロスとは?

今作でもミドルクレジットシーンでは驚きの展開が待ち受けていました。
地球を去ることに決めたセナ、ドルイグ、マッカリの前に突如現れたのはワンダイレクションのメンバー・ハリー・スタイルズ演じるエロスが登場。エロスは劇中説明があった通りサノスの弟ですが、彼はサノスと似ておらずエターナルズと同じような容姿をしていました。
実はサノスとエロスの両親はエターナルズであり、サノスは突然変異によりあのような容姿となりました。
原作でエロスは故郷タイタン星と母親を攻撃したサノスと戦い、キャプテン・マーベルと共にアベンジャーズに加入しています。アベンジャーズに加入後は名前を「スターフォックス」と改名。能力は他のエターナルズのように超人的なパワーや俊敏性、体力、長寿を有しています。また、他のエターナルズよりも筋肉組織が発達しており24時間肉体を酷使することも可能。また、特筆すべきは対象の感情をコントールできるということ。周りにいる人に対し極度の快感を引き起こし、興奮させたり、陶酔させたり、完全に鎮静させたりすることができます。

デインの正体

今作でセルシのことを愛していた地球の一般人デイン。しかし、ラストシーンではセルシに何かを打ち明けようとしていました。そして、エンドクレジットシーンでは古い木箱に納められていた剣を手に取ろうとしていました。デインは一体何者なのか。
原作でデインの叔父は”ブラックナイト”と名乗り暗躍しており、デインはその叔父の城を相続することになりました。しかし、デインは最初から叔父の正体を知っていたわけではなくメモや発明品を通じて後々知ることとなりました。そして、エンドクレジットシーンに登場した謎の剣ですが、あれは原作ではエボニーブレイドという名があります。エボニーブレイドはとある隕石から鍛造(たんぞう)した特殊な剣であらゆる物体を切り裂き、あらゆる魔法をそらすことができます。しかし、その一方で使用者を堕落させ、暴力、血、死への欲望を引き起こす呪いがかけられてあります。
また、姿は見えませんでしたが、最後にデインに声をかけた人物とそれに関する考察は別の記事を参照してください!
MCU/SUMC 新着 考察
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました