【シャンチー:テンリングスの伝説】気づいた?アレの正体とあの作品への伏線/徹底考察と解説【mcu/マーベル/アベンジャーズ】

さて、前回は今作の闘技場のシーンやポストクレジット、エンドクレジットについて触れていきまたが今回はポストクレジットに関してもう少し深掘りしていきます。今回の記事もネタバレありなのでまだ本編を見ていない方やドラマ「ワンダヴィジョン」を見ていない方はネタバレにご注意ください!

ダークゲート

ポストクレジットシーンの前にダークゲートについて触れていきます。
ダークゲートは劇中では魂を喰らう魔物が封印されておりそれを龍とシャンチーの母の故郷の村ター・ローが守っている状態でした。そして、シャンチーの父ウェンウーは愛する妻の声を本物であると思い込み、ダークゲートから彼女を解放するためシャンチーらと対立することになるという流れでした。
ここで気になるのは“声”に関して。劇中では、シャンチーの伯母イン・ナン曰くダークゲートはその人が望む声を作り出し引き寄せることを度々していたようです。そして、ウェンウー以外にも過去に何度か同じように”声”を聞いた者が村を訪れたということも話していました。
ここで繋がるのがドラマ「ワンダヴィジョン」です。「ワンダヴィジョン」最終話でワンダはヴィジョンとの間にできた2人の子供ビリーとトミーを失うことになりました。しかし、エンドクレジットではどこからか2人の声が聞こえワンダが何かを決意したかのようなシーンが描かれていました。このビリーとトミーの声もダークゲートが作り出した幻の声なのではないでしょうか。「ワンダヴィジョン」の時系列はエンドゲームから2週間後の物語。そして、今作の「シャンチー」はポストクレジットのキャプテン・マーベルの髪の長さから察するにエンドゲームから数ヶ月後の物語であると考えられます。つまり、今作で語られた過去にダークゲートに引き寄せられた人物の中にワンダも含まれていると考えられます。
また、ダークゲートが引き寄せる人物は誰でもいいというわけではなく、封印を解ける力を持っている者限定であると思います。今作ではテン・リングスという強力な武器を持っているウェンウーが”声”を聞きましたが、ワンダは「ワンダヴィジョン」でカオスマジックを習得し覚醒したためダークゲートは自身の封印を解ける者であるとワンダを認定したことで、彼女にも”声”が聞こえたのだと考えられます。しかし今作、シャンチーが村に辿り着くまではダークゲートはまだ開いていなかったためワンダは村の人に説得されて納得して引き返したか、失敗に終わったと考えられます。

ポストクレジットシーン

テン・リングスが何かしらのメッセージを発していると判明したポストクレジットシーン。前回の記事では原作のテン・リングスの背景や展開などに触れましたが、今回は一旦原作設定は頭から排除して話を進めます。
このシーンで一番気になったのはウォンの発言。ウォンはシャンチーがリングをはめてからメッセージが発信されたと語っていました。
なぜ父ウェンウーがつけている時は発信されなかったのか
それはダークゲートに封印されていた魔物が関係していると思います。シャンチーとウェンウーの決定的な違いは魔物と接触したかどうかです。ウェンウー自身は魔物と接触し魂を吸われたもののあの時リングは魔物と接触してはいませんでした。一方、シャンチーがリングの所有者になり彼が魔物を倒す際、リングは魔物の体内に入りリングと魔物の直接接触が生じました。あの瞬間、リングは何者かにメッセージを発信したのではないでしょうか。
一体誰にメッセージを送ったのか
一番可能性があるのがエターナルズです。
【マーベル】エターナルズの概要とメンバーを解説/第一弾予告初見解剖【mcu/アベンジャーズ】
エターナルズが何者であるかは上記の動画で説明しているので今回は割愛しますが、あのリングはフューリーが持っていたキャプテン・マーベルに救難信号を送るポケベルのような役割も担っているのではないでしょうか。
魔物の正体
しかし、エターナルズは予告でも語られていたように対立するディヴィアンツが介入しない限り地球での戦闘はできないという暗黙の了解のようなものが存在します。しかし、今作のあの魔物がもしもディヴィアンツであった場合話は別です。エターナルズの予告ではディヴィアンツのヴィジュアルも解禁されており、それらはどれも怪物のような容姿であったため「シャンチー」に登場した魔物がディヴィアンツである可能性は十分にあると思います。また、その魔物を抑え込んだり村の人々に力を授け守護者と崇められていた龍はエターナルズが作り出した生物だと考えられます。村から出た者が力を使えないのはエターナルズが授けた力はあくまでディヴィアンツにしか使えないからだと思います。
数字の”10″
また、テン・リングスは10個ありますが、11月に公開される最新作「エターナルズ」に登場するエターナルズもセナ、イカリス、アジャク、ファストス、キンゴ、マッカリ、スプライト、ギルガメッシュ、セルシ、ドルイグの10人です。つまり、テン・リングスの当初の役割は、1つにつき1人のエターナルズに助けを求めるものなのではないでしょうか。
話をまとめると
①ダークゲートに封印されていた魔物はディヴィアンツ
②リングはエターナルズに救難信号を送る役割も担っている
③リングがディヴィアンツに直接接触したことでメッセージが送信
④受信者はエターナルズ
⑤エターナルズが集結する
という流れだと思います。

最後に・・・

11月公開の最新作「エターナルズ」に関する考察はこちらの動画でしているので、ぜひこちらも見てみてください!
【マーベル】最新作「エターナルズ」/英語字幕で予告を見るとヒントが‥/真の敵はディヴィアンツではなく◯◯!?/最終予告公開【mcu/アベンジャーズ】

 

MCU/SUMC 新着 考察
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました