【スパイダーマン:ノーウェイホーム】予告徹底考察/偽ストレンジの可能性と違和感のシーンを解剖

今回は、MCUフェーズ4の映画「スパイダーマン:ノーウェイホーム」の予告が遂に解禁されたので、それに関する徹底考察をしていきます。

大まかなストーリー

前作「スパイダーマン:ファーフロムホーム」のラストでミステリオに濡れ衣を着せられたスパイダーマンことピーター・パーカーは世間から非難の目を向けられ、自分の無実を証明しようとするも信じてもらえない状況。周りの親しい人にも迷惑がかかるためピーターは、ドクター・ストレンジに全て無かったことにしてくれと頼みます。しかし、その呪文により時空の扉が歪んでしまうというストーリー。

ストレンジ偽物説

予告を見る限り今作の戦犯はストレンジのように思えますが、果たしてこのストレンジは本物のストレンジなのでしょうか。
プラカードの落書き
予告の32秒のシーンではピーターを非難する人物がピーターの顔写真に落書きしたプラカードを持っています。そのプラカードには「DEVIL(悪魔)」と書かれており、ピーターに悪魔の角を生やした落書きになっています。これは原作に登場するヴィラン“メフィスト”の登場を示唆しているのではないでしょうか。原作でメフィストは時間や現実を操作することができる最強の能力を持っており、スパイダーマンとMJの結婚していた事実を無かったことにしたことがあります。今回のストーリーでもピーターは「ピーターがスパイダーマンである事実をみんなの頭から消す」という契約をストレンジと結んでいるためメフィストのストーリーと類似しています。
一般人の違和感
これまで幾度となく人々を助けてきた親愛なる隣人スパイダーマン。しかし、ミステリオの虚偽の告発により一気に非難の目を向けられるピーターパーカー。ミステリオ信者がいて彼らがピーターを非難するのは納得がいきますが、
予告の23秒のシーンでは警察すらもピーターを信じていない状態。集団心理のせいにしてしまえばそれまでですが、メフィストがドラマ「ワンダヴィジョン」の時のワンダのように一般人を集団的に操っていたらどうでしょう。もしそれが可能であればピーターがストレンジを頼るように仕向けたとも考えられます。
列車シーンの違和感
次は予告の2分11秒のシーンの違和感。
このシーンではスパイダーマンとストレンジが列車の上に乗っています、一見、何の違和感もないように思えますが、なぜ2人は”対面”しているのでしょうか
2人が協力しているのであれば2人共進行方向を向いているはず。しかし、もしこれがスパイダーマンと偽ストレンジの戦闘シーンであれば2人が対面しているのも納得がいきます。
ドクター・オクトパスの違和感
また、ドクターオクトパスなどはサムライミ版「スパイダーマン2」のラストで改心したにも関わらず今作で再び暴れ回っています。このことからヴィラン全員の記憶を改変してトムホ演じるピーターを敵と認識させているのもメフィストの仕業なのではないでしょうか。
つまり、今作はメフィストがストレンジに化けており意図して時空の扉を歪ませた可能性があります。
今作でメフィストが登場し世界を混乱に陥れた後に来年公開予定の「ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス」でストレンジとメフィストが戦うという展開になるのではないでしょうか。

歴代ヴィラン全員集合?

ドクター・オクトパス
サム・ライミ版「スパイダーマン2」のヴィランであるドクター・オクトパスが今作に登場することは事前情報で明かされていたものの、予告ラスト彼の登場は映像で見るとやはり鳥肌もの。
ここで気になるのは、ドクター・オクトパスがなぜトムホ版ピーターを”ピーター”と認識しているのかということ。先ほど述べたようにこれがメフィストによる洗脳の可能性と単純に予告ラストのシーンはフェイクの可能性ももちろんあります。
これまでMCU作品では、予告にあったシーンが劇中に無かったり予告にCG処理がされて実際とは違うシーンになっていたりなどの前例があります。
このシーンのピーターの服装はサムライミ版「スパイダーマン3」の冒頭でトビー・マグワイア演じるピーターが着ていたスーツと完全一致。もしこれが実際の劇中ではトビー・マグワイアで予告ではCG処理でトムホランドになっているとすれば服装の疑問やドクター・オクトパスがトムホ版ピーターを”ピーター”と認識しているのも納得がいきます。
また、このシーンでもう1つ注目すべきはドクター・オクトパスのアームのライトです。彼のアームのライトは制御装置があった時は白い光ですが、制御装置が壊れアームが支配している時は赤く光ります。つまり、このラストシーンのドクター・オクトパスはアームに支配されている状態だと言えます。ドクター・オクトパス役のアルフレッド・モリーナはサムライミ版「スパイダーマン2」のラストで川に沈んだ直後から彼の物語が始まると明言しています。
「スパイダーマン2」のラストではドクター・オクトパスは自我を取り戻しましたが、予告のラストシーンから察すると再びアームに支配されてしまったのかもしれません。

サムライミ版3部作観るなら<U-NEXT>

エレクトロ
また、「アメイジングスパイダーマン2」のヴィランであるエレクトロも今作に登場予定ですが、今回の予告にはその姿は確認できなかったものの黄色の稲妻が確認できます。
グリーン・ゴブリン
また、次に鳥肌がたったのは道路に転がっていたパンプキンボム。これはサムライミ版「スパイダーマン」のヴィランであるグリーンゴブリンもしくはサムライミ版「スパイダーマン3」のヴィランであるニューゴブリンの登場を示唆していると思われます。
しかし、ここで思い出してほしいのはピーターの親友のネッドです。「スパイダーマン:ファーフロムホーム」公開時に公式Twitterが公開したビデオクリップではネッドの本名が「エドワード・リーズ」であることが判明。原作のエドワード・リーズは洗脳によりホブゴブリンになっています。また、今作の撮影時にネッド役のジェイコブ・バタロンは45キロの減量をしてたり予告でネッドが一瞬しか映らなかったことから、あのパンプキンボムの持ち主はホブゴブリンことネッドのもので彼を洗脳しているのは先ほど触れたメフィストなのでは?と考えてしまいます。
サンドマン
そして、予告の2分7秒のシーンでは稲妻と共に巻き起こる砂嵐が確認できるため、サム・ライミ版「スパイダーマン3」に登場したサンドマンのものである可能性があります。
リザード
また、予告の2分20秒のシーンではピーターの背後から怪物のような唸り声が聞こえます。これはもしかすると「アメイジングスパイダーマン」のヴィランであるリザードの登場を示唆しているのかもしれません。
つまり、今作で遂にヴィランチーム”シニスター・シックス”が結成され、そのメンバーにはドクター・オクトパス、エレクトロ、グリーンゴブリン、サンドマン、リザードが含まれると思います。

アメイジングスパイダーマン2部作観るなら<U-NEXT>

MCU/SUMC 新着 考察
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました