【るろうに剣心】シリーズ過去3作のあらすじと重要ポイント徹底解説

今回は、「るろうに剣心」シリーズ最終章が公開されるので、これまでの過去3作のあらすじと重要ポイントを完全復習していきます。

るろうに剣心

あらすじ
時は明治11年。
東京に辿り着いた流浪人の緋村剣心は、あることをきっかけに神谷活心流の師範代・神谷薫と出会います。剣心は、”人斬り抜刀斎”を名乗る人物が暗躍し、巷では”蜘蛛の巣”と呼ばれるアヘンが密売されていることを知ることに・・・。
その後、実業家である武田観柳のところから逃げてきて高荷恵により観柳が黒幕であることを知った剣心は観柳の屋敷に乗り込み喧嘩屋・相楽左之助や警察・斎藤一の協力もあり観柳を捕らえることに成功。そして、剣心は”人斬り抜刀斎”を名乗る鵜堂 刃衛(うどう じんえ)と対峙し、彼を打ち負かしました。
緋村 剣心
14年前、彼は桂小五郎に雇われ、人々が幸せに暮らせる新時代のために、人斬りとなり人々からは”人斬り抜刀斎”と恐れられていました。しかし、新時代の到来と共に剣心は”人斬り抜刀斎”の名を捨て「不殺の誓い」である逆刃刀を携えることに・・・。頬の十字傷はかつて殺めた若き侍とその許嫁につけられたもの。
剣心は一定多数の斬り合いを得意とする「飛天御剣流」を扱います。劇中では、対象の肘の関節を砕き筋を断つ”飛天御剣流 抜刀術 双龍閃“で刃衛を打ち負かし、刃衛はその後、自ら自分の腹を切り自決しました。剣心は今作以降、薫の道場に居候することになります。
神谷 薫
人を活かす剣を理想とする神谷活心流の師範代である彼女は正義感が強い女性です。剣心の”人斬り”という過去ではなく、流浪人である現在を見ている数少ない人物。
斎藤 一
元・新撰組三番隊組長である彼はかつて剣心の宿敵でしたが、今は警官として世に蔓延る悪を成敗しています。必殺技は突きを最大限まで極め昇華した”牙突”。今作のみならず彼は次回作以降も剣心と共闘していくことになります。
相楽 左之助
彼が扱う武器は馬を斬るための刀”斬馬刀”であり、常人離れした怪力の持ち主。喧嘩屋である彼は当初、伝説の人斬りである剣心に挑もうとしていましたが、次第に共闘していく仲となり剣心と同じく薫の道場に居候することになります。
高荷 恵
高荷家は医者として由緒ある家だったが会津戦争の時に一家で従軍して恵以外は命を落としました。恵は観柳に拾われ生きるためにアヘン製造に加担。しかし、剣心との出会いをきっかけに次回作以降は人々を救うべく診療所で働くことになります。
観柳の目的
観柳は依存性が強い薬物アヘンを恵に作らせ、それを日本中に売りそれで得た金を武器に変え観柳帝国を作ることが目的でした。

るろうに剣心のアニメ観るなら<U-NEXT>

るろうに剣心/京都大火編

あらすじ
ある日、剣心は内務省の大久保利通から呼び出され志々雄真実が京都で暗躍していることを聞く。志々雄は剣心の後を継いだ人斬りであり、剣の腕や頭の回転の速さは剣心とほぼ互角。彼の目的は維新政府を転覆させること。政府は最後の頼みの綱として剣心に協力を求めることに・・・。
1週間後、大久保利通が暗殺され、同日に多くの警官の死体が送られてきたことで、剣心は京都に行くことを決めます。一方、志々雄は直属の精鋭部隊”十本刀”を招集し、京都を火の海に沈める計画を実行に移します。
京都に集結した剣心らはこれを食い止めることに成功しますが、計画に第二段階があることに気づいた剣心たち。しかし、時すでに遅し。薫が志々雄の手下に連れ去られ剣心は後を追いますが、その先には志々雄一派が乗った船があり剣心は薫を奪還するため1人で立ち向かいます。しかし、その戦いの最中薫が海に投げ出されたことで剣心も薫を救うべく自ら海に飛び込みました。その後、島に流れ着いた剣心を謎の男が見つけたところで今作は幕を下ろします。
志々雄 真実
剣心の後継者で影の人斬りであった彼は、かつて仲間の裏切りにより全身を刺され火あぶりにされました。しかし、そこから生還し新時代や維新政府を壊し国を取ることを目的としています。彼の詳細な刀や剣術に関しては次の「伝説の最期編」で解説します。
十本刀
彼らは志々雄と利害関係が一致していることで彼に協力しているメンバーです。中でも“天剣”の瀬田宗次郎は十本刀の中でも最強の剣士。宗次郎は愛人の子として虐待の限りを尽くされ一切の感情を失い、笑いながら一家全員を惨殺した過去を持ちます。劇中では、超高速の移動術「縮地」名刀・長曾禰虎徹を駆使し剣心の逆刃刀を折りました。
逆刃刀
剣心は今作で逆刃刀を瀬田宗次郎に折られてしまいます。逆刃刀を創った新井赤空はすでにこの世にいませんでしたが彼は生前、最後の1本を神に捧げていました。刀鍛冶は御神刀を打つ時2本打つのが通例で、出来のいい”真打”は神に捧げ、残りのもう1本は”影打”と呼び人に譲ったりします。剣心がこれまで使っていたのは”影打”であり、今作で新井赤空の息子・青空から“真打”を受け取りました。
隠密御庭番
剣心が京都に向かう道中出会ったのは巻町操。操の手引きにより剣心は京都でかつて隠密御庭番として活動していた翁こと柏崎念至の宿に世話になることになります。隠密御庭番は独自の情報網を持ちかつて幕府から情報収集の任務を与えられていた組織。しかし幕府が倒され新時代が到来したと同時に翁らは「葵屋」という旅館が本業になりました。一方、隠密御庭番の御頭・四乃森蒼紫は新時代の到来と共に幕府から殺された仲間たちの墓前に最強の称号を捧げるべく剣心を倒すことを生きがいとしています。“小太刀二刀流”を主としており、奥義・回天剣舞六連で剣心を庇う翁に重傷を負わせました。

るろうに剣心のアニメ観るなら<U-NEXT>

るろうに剣心/伝説の最期編

前作のラストで島に流れ着いた剣心を助けた謎の男の正体は比古清十郎。彼は剣心の師匠であり、少年だった心太に”剣心”と名付けた張本人でもあります。剣心は志々雄を倒すべく比古清十郎に”飛天御剣流”の奥義を伝授してもらうことに・・・。
一方、志々雄一派は浦賀に来航し本格的に国取りを開始。警官隊の協力により志々雄の船に乗り込み、瀬田宗次郎との戦いに勝利。しかし、志々雄との戦闘では左之助、斎藤一、蒼紫と共闘しているにも関わらず苦戦を強いられます。しかし、剣心は”飛天御剣流奥義 天翔龍閃”で志々雄を退けさせ、戦闘限界時間を超えた志々雄は燃え尽きて命を落としました。
志々雄 真実
彼はかつて火あぶりにされたことで発汗による体温調節ができなくなり、生きていられるはずのない高熱を体内に宿すことになりました。それにより火炎と斬撃を融合させた壱の秘剣・焔霊や火薬に火をつけて小爆発を引き起こす弐の秘剣・紅蓮腕などで剣心たちを苦しめました。また、彼が使う新井赤空作最終型殺人奇剣”無限刃”は、剣心の”逆刃刀 真打”とは兄弟刀であることも特筆すべき点です。“無限刃”は元々きめ細かい無数の刃こぼれがあり、そこに染み込んだ殺した人間たちの脂が着火の要因となっています。しかし、体温調節ができないため彼の戦闘限界時間はわずか15分。最終決戦ではこの時間を超過したため志々雄は燃え尽きてしまいました。

るろうに剣心のアニメ観るなら<U-NEXT>

最後に・・・

「るろうに剣心」シリーズをまだ見たことない人も最終章はぜひ劇場に見に行きましょう!
最終章2作は4月23日、6月4日にそれぞれ公開です!



SF/ファンタジー 復習 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました