【モンスターハンター】実写映画は成功か失敗か?概要とネタバレあり感想

今回は、ハリウッド実写映画「モンスターハンター」に触れていきます。
前半はまだ今作を見たことない人向けに概要とネタバレなし感想、後半は今作をすでに見た人向けにネタバレあり感想とラストシーンについて述べていきます。

概要とネタバレなし感想

2004年にPS2で「モンスターハンター」1作目が発売され、その後続々とシリーズを展開している通称”モンハン”。去年(2020年)の年末までに総販売本数6600万本を記録し、今作の映画「モンスターハンター」の公開日と同日にSwitch用に新作「モンスターハンターライズ」が発売され、今もなおその人気は健在です。
そのモンハンを映像化した今作は主にゲーム「モンスターハンター:ワールド」に焦点を当てています。監督を務めたのは、映画「バイオハザード」シリーズを手掛けたポール・ウィリアム・スコット・アンダーソン、そして主演を務めたのは同じく映画「バイオハザード」シリーズで主人公アリスを演じたミラ・ジョヴォヴィッチです。この2人は、「バイオハザード」シリーズの撮影を通して
親密な関係になり2009年に結婚。
さて、そんな2人が再びタッグを組み臨む今作はミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアルテミス中尉と兵士たちがとあることをきっかけに危険かつ強力なモンスターが領土を支配する世界へ飛ばされてしまい、アルテミス中尉はそこで決死の戦いを続けていくというストーリー。つまり、舞台設定が元々モンスターハンターの世界ではなく我々の世界からモンスターハンターの世界に飛ばされるという設定なので、前半は「モンスターハンター」というよりモンスターパニック映画で未知のモンスターに戸惑い絶望する様が描かれています。ですので、完全に「モンスターハンター実写映画」として見てしまうとゲームとの整合性の欠如に少しガッカリするかもしれません。
しかし、モンスターや武器に関しては実写映像としてクオリティが高いものとなっています。
特にディアブロス亜種やリオレウスに関しては迫力がえげつなく、PS6がもし発売されモンハン新作が発売されれば、こんな映像になるのではないか思ってしまうほど・・・。例えるなら外(映像)は高級なキャベツ、中(ストーリー)は安い肉を使ったロールキャベツ映画です。ですので、モンハンを知らない人でももちろんモンスターパニック映画として”前半”は楽しめると思いますが、モンハンを長年プレイしている方はストーリーはあまり重視せず、ゲームと今作のモンスターや武器をぜひ比較してほしいと感じます。また、エンドロール後も席を立たず最後のおまけシーンもぜひ見てください。

ネタバレあり感想とラストシーン

まずは前半部分に関して。ここはもう途中からパニック映画と思い割り切って見てましたが、ネルスキュラの卵のシーンは胸糞映画の代名詞「ミスト」を連想せずにはいられませんでした。しかし、ディアブロス亜種を討伐するまでが長い・・・。そして、後半は駆け足で新世界の説明とリオレウスの討伐。リオレウスの討伐後、ゲーム「モンスターハンター4」のゴア・マガラが登場し、まるでジャンプの打ち切り漫画のラストのような終わり方で幕を下ろしました。個人的にはあの3人とゴア・マガラの戦いをちゃんと見たかった・・・。
監督曰くモンハン新規ファンとアルテミスを同じ目線にするために今作のようなストーリー構成にしたと述べていますが、モンハンを長年プレイしてきたファンにとっては物足りないと感じたのではないでしょうか。しかし、エンドクレジットシーンではフードを被った謎の人物が3人とゴア・マガラの戦いを見下ろしていました。この人物の素性に関しては明らかになりませんでしたが、
今作はゲーム「モンスターハンター:ワールド」を元に制作されているため、もしかすると「古龍渡り」の謎を解明しようとしている調査団の1人かもしれません。
また、劇中に登場した古代文明の天廊はおそらく「モンスターハンター:フロンティア」のものと
一致していると思われますが、劇中では我々の世界と新世界を繋ぐ架け橋のような役割をはたしていました。溶岩を動力としており、古代人も何回か行き来していたと「ドラゴンボール」の黄金の大猿のような大団長が説明していましたがまだまだ謎が多いため、これも続編で描かれるかもしれません。
続編情報はまだ出てはいませんが、監督自身が「モンスターハンター」のファンであると公言しているため今作だけで終わりとは考えにくい。しかし、「バイオハザード」シリーズの二の舞にはしてほしくないと思います。「バイオハザード」シリーズは右肩下がりで面白くなくなってきましたが、モンハンに関してはもし続編を作るとしたら右肩上がりで面白くなることを期待したいです。

最後に・・・

主演のミラ・ジョヴォヴィッチ関連で「バイオハザード」シリーズ全6作品のあらすじと重要ポイントを解説している記事はこちらです。
感想 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました