ルークはレイの正体をいつから知っていた?【スターウォーズ/考察】

「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で、レイの家系について明かされましたが

果たしてルークは、いつからそれを知っていたのでしょうか。

そこで今回は、

  • ルークは、いつからレイの正体を知っていたのか
  • ルークは、どこまで知っていたのか

の考察をしていきます。

ルークは、いつからレイの正体を知っていたのか

思い出してほしいのは、「最後のジェダイ」で、レイがルークに修行を頼み込むシーン

「最後のジェダイ」ルーク

ルークは、レイの申し出を頑なに拒んでいました

なぜ、ルークはレイの申し出を最初断ったのか?

劇中では、ベン・ソロの中に闇のフォースを感じたルークが、ベンの寝込みを襲おうとしたため、それに絶望したベンは、暗黒面に堕ちていったというように描かれており

自分の資質の無さやこれ以上、暗黒面の者を増やしたくないというような理由でルークはレイの申し出を断ったとされています。

しかし、果たしてそれが全てなのでしょうか?

個人的には、ルークはレイの正体をこの時すでに知っていたのでは?と考えています

ルークがレイの申し出を断った理由は、ベン・ソロが暗黒面に堕ちたからというのももちろん大きいと思いますが、それ以上に、ダース・シディアスの血を受け継ぐ孫のレイがフォースを学べば第2の皇帝となりうるという考えが頭をよぎったのでは?と思います。

「スカイウォーカーの夜明け」暗黒面レイ

ルークは、ダース・シディアスの孫であるレイがこの世に存在していることを知り、

いつかフォースに関する教えを請うために自分の元を訪れるということを予想していたため

ルークは、妹レイアにも自分の居場所を告げず、姿をくらましたのでは?と個人的には考えています。

ルークは、どこまで知っていたのか

さて、ここで皆さんの頭の中に1つの疑問が浮かぶと思います。

なぜルークは、結局レイの修行を手伝ったのか?

これには、ダース・シディアスがまだ生きていることもルークは知っていたのではないか?という2つ目の考察が絡んできます。

ダース・シディアスはEP6「ジェダイの帰還」で死んだとされていましたが、「スカイウォーカーの夜明け」の小説で、死ぬ直前に惑星エクセゴルのクローンに自分の中身を移したことが判明しました。

ダース・シディアス

あくまで考察ですが、仮にルークがダース・シディアスの生存を知っていたとします。

ルークは、ダース・シディアスの孫であるレイの修行を断りましたが、ダース・シディアスを殺すためには、それ相応の存在、つまり孫であるレイが必要だったのではないでしょうか。

ベン・ソロの育成で失敗した経験を糧に、強力なフォースの持ち主ダース・シディアスの孫であるレイの潜在能力の育成に賭けてみようとルークは考えたのでは?と個人的に思います。

果たして、これが「スカイウォーカーの夜明け」の小説で明らかにされているかはわかりませんがルークの言動を考えるとありえるのかなと思っています。

最後に・・・

「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」でスカイウォーカーサーガは完結しましたが、スターウォーズの映画シリーズはまだまだ続きます!

詳しくは、こちらの動画で説明していますので、気になったらぜひみて見てください!

【スターウォーズ】2023年から始動する新3部作に関する情報/スノークに関しても【スカイウォーカーの夜明け/※固定コメで訂正】
動画にはしていないけど、皆さんにお伝えしたい映画の最新情報や考察、復習、感想をブログの記事にしています↓  (※2020年3月末開設)ツイッター:インスタ:

これ以外にもYoutubeでスターウォーズに関する動画を多数アップしていますので、気になった方は下のリンクからぜひ見てみてください!https://www.youtube.com/channel/UC753llT6HLQ5QUR-hK6cuAw/featured?view_as=subscriber

最後まで、読んで下さりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました