【ザ・ボーイズ/シーズン2】あなたが見逃したかもしれない小ネタ【1話〜3話】

今回は、アマプラで配信されている胸糞ヒーロードラマ「ザ・ボーイズ」シーズン2第1話〜第3話の小ネタを紹介していきます。
※この記事はシーズン2(第1話〜第3話)のネタバレを含みます。

ショックウェーブ

ヒューイヒューイがアニーとお忍びで電車内で会うシーンでは、乗客が新聞紙を広げていた。
その紙面にはブッチャーの内容が掲載されているが、もう片方のページにはエピソード1で登場したショックウェーブの内容が掲載されている。
Aトレインが心臓発作で倒れている間に、ショックウェーブがスピードの新記録を樹立したことやセブンに加入する交渉が行われていることを匂わす見出しが確認できる。

カメオ出演

セスローゲンシーズン1で”セブン”のメンバーであるトランルーセントはヒューイらに殺された。
そして、シーズン2では彼の死が公にされ、追悼式なども行われ、以前、トランルーセントの映画を撮った監督がLOLTVという番組に出演しコメントを残していた。
その監督を演じた人物は「ザ・ボーイズ」のエグゼクティブプロデューサーのセスローゲン

ブラインドスポット

ブラインドスポット広報担当のアシュリーの判断でセブンに加わろうとしていた聴覚が異常に良いブラインドスポットは、原作コミックのキャラではなくマーベルヒーローのデアデビルのパロディ。


ライブ配信

ストームフロントセブンのメンバーとなったストームフロントはホームランダーとクイーン・メイヴに会いに撮影現場を訪れる。
その際、ストームフロントはライブ配信をしていたが、彼女のスマホ画面にはユーザー名にホームランダーやスターライトの名前が入っているものなどが確認できる。
そして、その中には「Maeve*Beats*WW42」というユーザー名が確認できる。
これは、明らかにワンダーウーマンの新作映画「ワンダーウーマン1984(WW84)」をいじったユーザー名であることがわかる。
ちなみにシーズン2から登場したストームフロントは女性ですが、原作では男性。

トニーシセロ

ブッチャーがベッカの姿を確認した後、目を覚ましたのはトニーシセロという店の駐車場でしたが
実はトニーシセロはシーズン1にも登場している。
おそらく別店舗ですが、ヒューイらがトランスルーセンを監禁したのもトニーシセロであり、ヒューイが壁に向かって何回かパンチした時にそのロゴが確認できる。

スーザンの葬式

シーズン1でトランスルーセントの殺し方に悩んでいたブッチャーは、CIAの副長官スーザンに接触
その時、頼みを断られたブッチャーは「今回は死ぬかも」と言い、それに対してスーザンは「葬式にフルーツを送る」と言っていた。
しかし、シーズン2でスーザンは暗殺され、代わりにブッチャーがスーザンの葬式にフルーツを送っていた。
ブッチャーは、マロリーに「フルーツはあなたが?」と聞かれ「彼女も気に入る」と返答したのもブッチャーらしい。

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

キャッチコピー

第1話でホームランダーとアシュリーは、キャンペーンのキャッチコピーをどうするか吟味しており
結果的にホームランダーの独断で「アメリカを救う」というキャッチコピーに決まった。
第2話では、クラブにいたAトレインが外に出た瞬間、「アメリカを救う」と書かれたポスターが貼られてあるバスが目の前を通っている。

最後に・・・

いよいよシーズン2の配信がスタートとなりましたが、まだシーズン1の復習を終えてない方は急いで復習を完了させて、シーズン2に臨みましょう!

SF/ファンタジー 小ネタ 新着
サイをフォローする
プロフィール
サイ

「SYK」と書いてサイと読みます!
SF、ホラー、サスペンス、胸糞系が主食/「エンタメに生きる」がモットーです/普段はYoutubeでMCUやスターウォーズ、その他映画の最新情報や考察、感想、復習、小ネタ動画をupしています!チャンネル登録者数4万人突破

サイをフォローする
SYK CHANNEL Mark2

コメント

タイトルとURLをコピーしました